ペアーズにはびこるヤリモク、ヤリチンな男たち。狙われやすい女性と対策とは

ペアーズ ヤリモク

女性の方で真剣に彼氏を見つけるためにペアーズを登録している人も多いでしょう。そのような人がペアーズを利用する場合に注意しなければならないのは、少なからずヤリモクの男子もいる点です。

ヤリモクとはペアーズの世界でしばしば使われる言葉で「ヤル目的」つまり、ただ肉体関係だけを求めている男性のことです。

ヤリモクにはいくつかねらい目にしている女性のタイプがあります。

 

まずはアラサーの女性です。ペアーズにはアラサーの女性が登録していることもありますが、彼女の中には結婚に焦りを感じていてペアーズを利用しているケースもあります。

すると男性からアプローチがあると、とりあえず飛びつくケースもあります。そしてヤリ捨てにしてしまおうとする男性がいるので注意したほうがいいです。

 

またお酒好きを公言している女性も、ヤリモクの餌食になる可能性があります。

お酒が好きであれば、最初のデートで飲み屋に誘ったとしても不自然ではないでしょう。そして酔っぱらわせてあわよくばホテルに…と考える男性もいるようです。

もしお酒の好きな女子でも、プロフィールには「飲まない」もしくは「時々飲む」くらいにしておいた方がいいでしょう。また最初のデートで飲みに誘われたとしても、うまく断ることも大事です。

イケメンは少しだけ警戒しておくべき

ペアーズ イケメン

ペアーズに限った話ではありませんが、出会い系サイトや婚活のサービスではイケメンの方が有利です。

写真の効力は絶大なので、イケメンの人はそうでない男性に比べると出会いに恵まれているのは事実です。女性もイケメンの人とマッチングを希望する人が多いものの、一方で少し気をつけたい点もあります。

イケメンの男性の場合、真剣な出会いを求めているのではなく遊びで出会いたいという人も珍しくはありません。

 

もちろん、イケメンでなくてもそのような人はいるのですが、顔がよい人ほど出会いに恵まれるので、そのような傾向が強いのです。

ペアーズに登録しているイケメンの中から遊び目的の人を見分けるのは困難ですが、異常なほどにFacebookの知り合いが多かったり、普通の男性なら知らないような女性向けの話題にも平気でついてこれる人、妙に馴れ馴れしい感じがある人には少し注意した方がよいでしょう。

 

また、写真に釣られて出会ってみると何かの勧誘だったという事例もあるので、イケメンであってもよい出会いに繋がるとは限りません。

一方で、イケメンだけれども真面目に出会いを探している人も多いので、遊び目的の人や業者をどう見極めるかがペアーズを使う上で非常に重要です。

ただし、心配しなくてもさほどペアーズは体目的な男性ばかりではない

ペアーズ 体目的

出会い系サイトなど、チェック機能がついていないサービスの場合には、真剣に婚活や恋活している人に交じって、体目的だけの不届き者がいたり、サクラなどが混じっているリスクもあります。

しかしペアーズのような真剣に恋活・婚活したい人が利用するサービスは、24時間体制で会員の活動がモニタリングされているので、体目的の人はそれほど多くはありません。

ペアーズにそうした人がいない理由はいくつかあります。

 

まず1つ目は、このサービスはフェイスブックのログインが必要になるため、体目的など通報されそうな行動をすると、すぐに個人情報が分かってしまうリスクがあります。

ペアーズのアプリでは知らない異性に自分の個人情報が漏洩する心配はありませんが、登録する際には実名などの個人情報が必要不可欠なので、悪いことをする人を未然に防ぐことができるのです。

 

また、ペアーズでは24時間体制で会員の行動がモニタリングされているので、体目的など相手を不快にさせるようなメッセージが相手に送られてしまう心配がありません。

不適切と判断されたメッセージは、審査に通らないので相手に届かない仕組みになっているのです。そうした点もまた、多くの会員にとっては大きな安心材料となりますね。

違反警告マークの男性には要注意

ペアーズ 要注意

ペアーズは婚活サイトの中でも安全性が高いといわれていますが、とはいえそれでもヤリモクやサクラがいないというわけではありません。

せっかく出会いがあっても、相手がサクラだとガッカリしてしまいます。では、どうすれば悪質な人と出会わずに済むのでしょうか?ポイントは『違反警告マーク』です。

 

ペアーズでは、ネガティブなイメージを払拭するために、違反した会員に『違反警告マーク』を表示しており、このマークは、いわゆる”通報を受けた人物”のことで、やり取りの際には注意しましょうという意味になります。

もともと、ペアーズでは24時間体制で監視を行っています。そこで、一定数の通報を受けた会員は、『違反警告』または『強制退会』の措置を取られます。

どんな契約違反をしたのかは詳しく記載されませんが、たとえばプロフィールの偽造やアダルト目的、不快な発言などです。

商用目的のユーザーも、通報を受けると違反警告ユーザーとしてチェックされます。

 

これらの人物とやり取りが禁止されることはありませんが、場合によってはトラブルに巻き込まれる可能性がありますので、注意しなければいけません。

しかし、違反警告マークが表示されることで安全な人物を選びやすく、他の婚活サイトに比べると安心して利用できるでしょう。

半年で267名とマッチングしたペアーズの体験談はコチラから読めます

 

 

 

コメントは受け付けていません。