ペアーズのメッセージは敬語かタメ口?どちらが正解?

ペアーズ メッセージ

ペアーズでステキな異性を見つけたら、まずは「いいね!」を押して、相手からの反応を見ることになります。

もしその相手も「いいね!」と押してくれたらマッチング大成功ということになり、いよいよマンツーマンでの会話をスタートさせることができるわけですが、知らない人へメッセージを送る時には、敬語が良いのかタメ口が良いのか、迷ってしまう所ではないでしょうか。

敬語だと社会人としてのマナーに適していますが、どうしても相手との距離を感じてしまうでしょう。

一方、タメ口だと親近感を持ってもらう事ができる可能性は高いですが、知らない人にいきなりタメ口は遊んでいるっぽくて嫌という人もたくさんいるものです。

ペアーズでのメッセージに限らず、真剣に恋活や婚活をしている人の多くは、相手に対して安心感を求めていたり、真剣に交際できる人物なのかを模索しているものです。

そう考えると、ペアーズでもまず最初は敬語でメッセージを送り、しばらくは敬語で話しながら、少しずつタメ口に変えていくというのが正当なアプローチ方法なのかもしれませんね。

切り替えるタイミングですが、お互いにプライベートなことを少しずつ話し始めたら、「そろそろタメ口にしない?」と誘ってみてはいかがでしょうか?

ペアーズはぐいぐい行ってもOK?
ペアーズ ぐいぐい

ペアーズは、登録会員がマイペースで恋活・婚活ができるサービスです。

結婚相談所や婚活サービスなど男女の出会いをサポートするサービスは他にもたくさんありますが、毎月紹介してもらえる異性の数が少なかったり、紹介してもらった異性とは最低でも何回かのお見合いやデートをしなければいけないなど、がんじがらめのルールが決められている所もあります。

ぐいぐい自分からアプローチして、駄目なら次とハイテンポで恋活・婚活したい人にとっては、そうしたルールを息苦しく感じてしまうかもしれませんね。

ペアーズなら、そうしたルールは一切ないので、ぐいぐい行きたい人は思う存分にぐいぐいすることができます。

ただし、異性へのアプローチメールやプロフィールの内容に関しては、相手が受け取ったり公表される前にペアーズが審査を行い、規定に反していないか、相手を不快にさせる内容でないかという点はチェックされます。

もしも通報されるような過激な内容のメールを送りたいなと思っても、審査に通らなければ送ることはできないので、その点だけは注意したほうが良いでしょう。

ぐいぐい、といっても、ハイテンポで真剣な恋活・婚活ができるというだけで、体目当てで異性探しをしたり、パパ探しや売春目的などでは利用することはできません。

これは利用規約に明記されていることなので、間違えないようにしましょう。

ペアーズでメッセージのやりとりをする際の注意点は?

マッチングする人がペアーズで見つかった場合には、メッセージのやりとりをしてお互いをより深く理解するという流れになります。

このメッセージのやりとりがうまくできるかどうかで、次のステップである実際に会う・デートすることができるかどうかが決まるといっていいでしょう。

メッセージのやりとりをするにあたって注意しなければならないこととして、まず相手とはまだ実際にお目にかかっていないという点があります。

つい何度もメッセージのやりとりをしていると、友達のような感覚になって、やけにフランクな感じで話しかけてしまう場合があります。

しかしまだ実際に会っていないのですから、それなりのマナーでやり取りをするように心がけましょう。

また相手のメッセージをよく見て、次の話につなげられるネタはないかチェックすることです。

例えば相手がファッションについてちょっと触れているのであれば、その部分を掘り下げてみるなどもおすすめです。

このようにして相手の個性のわかるような情報を引っ張り出してきて、話を広げるのもペアーズでメッセージのやりとりを続けるためのコツです。

ペアーズのメッセージで失敗する人は、ネタ切れして何を話せばいいのかわからなくなるという話がしばしば耳にしますので、ネタを常に拾うことが大事です。

半年で267名とマッチングしたペアーズの体験談はコチラから読めます

 

 

 

コメントは受け付けていません。