ペアーズで男性がNGな写真とは?用意すべきメインの写真はこういう写真

ペアーズ 写真 男性

ペアーズに載せた男性会員のプロフィールの内容は全く問題がなかったり、むしろ女子に好感を与えるようなものなのに、プロフィール写真が原因で異性から全くアプローチを受けなかったり、「いいね!」を送ってもスルーされてしまうことはあります。

これはペアーズに限ったことではありませんが、どんな写真を選ぶかによって、女性会員に与える影響が大きく異なるのです。男性会員は注意したいですね。

 

まず、女子に嫌われるプロフィール写真には、女子の影を感じるものがあります。

これまで写真写りが良かった写真を探したところ、元カノと映っている写真がベストだったということはあるかもしれません。

その写真をトリミングしたけれど、元カノの服とか髪、肩などが写っている写真は、ペアーズのプロフィールには使わないようにしましょう。

 

また、プリクラ写真もNGです。プリクラを一人で撮影する男子なんて絶対に嫌という女子は多いですし、プリクラというだけで元カノと撮ったのではないかとイメージしてしまう女子もたくさんいます。

その他には、婚活や恋活をする人には少ないのですが、自分の顔ではなく、なぜかペットの写真だけとか風景のみの写真をプロフィール写真に使っている人がいますが、これもNGです。

目次(クリックするとその箇所に飛びます)

イケメンでも写真で失敗する

ペアーズ 写真 男性

男性も女性も、ペアーズのようなネットやアプリから始まる出会いでは、リアルな出会いを果たすまではプロフィールの内容が、自分自身を相手に伝える役割を果たしてくれます。

特に写真は自分という人間を映像で表現してくれるので、写りが良ければ異性からいいね!をたくさんもらうことができるでしょうし、適当な一枚を掲載してしまうと、いいね!を全くもらえないという事態にもなりかねません。

 

ペアーズを利用している男性の中には、イケメンなのに写真で失敗している人もいます。

例えば、プリクラを載せている人。男性が1人でプリクラ写真を撮ることはほとんどない事ぐらい、女性なら誰でも知っています。

プリクラ写真を掲載するということは、おそらく元カノと撮ったのだろうな、という見当がつき、女性は不快になってしまうわけですね。

 

同様に、写真の中から自分の顔の部分を切り抜いたけれど、隣の人の髪の毛とか肩が写真に入り込んでいて、それが明らかに女性だと分かる場合にも、ペアーズの女性会員を不快にさせるので、いいね!をもらうことは難しいでしょう。

そんな失敗を犯すぐらいなら、スマホについているカメラ機能を使って、その場で自画撮りしたものを乗せたほうが、よっぽど好印象を与えることができます。

ペアーズで載せるべきメイン写真

ペアーズ 写真 男性

ペアーズでは、自分の写真をアップすることが可能です。

メイン写真については任意ですし、顔を隠してアップすることも可能です。

ただし第一印象は顔を見る人が多いので、メイン写真はペアーズに掲載しておいた方が、相手からのリアクションも返ってきやすいでしょう。

ここで問題になるのは、メイン写真にどれを使うかという点です。基本的にペアーズの会員が見て好意を持てるような写真を乗せることです。

そのためには、顔がよくわかる写真にすることが重要です。

 

ただし顔をよく写そうと思って、アップすぎてしまうのは逆にダメです。自撮りをする場合にちょっとしたおすすめとして、少しカメラから目線を外した構図にすることです。

そうすると何か物憂げな感じになって、何割かカッコよさを上乗せするような効果も期待できます。

 

メイン写真ですが、できれば自撮りは避けた方がいいかもしれません。

自撮りをしているとペアーズの会員によっては「写真を一緒に撮ってくれる友達がいないのでは?」とか「自意識過剰なのではないか?」といったネガティブなとらえられ方をされてしまうからです。

できれば誰かに撮影してもらった、もしくは友達と一緒の写真を載せてみると好感度は高いです。

半年で267名とマッチングしたペアーズの体験談はコチラから読めます

 

 

 

コメントは受け付けていません。