ペアーズで顔写真なしってどういうこと?その場合の対処方法とは

ペアーズ 顔なし

ペアーズは、全国で500万人以上の登録会員がいますが、その中にはプロフィールの写真が顔なしという人がいます。

恋活でも婚活でも、プロフィールの顔写真が掲載されていなければ、異性にアプローチしても相手にとってはどんな人がアプローチしてくれたのかわからないわけですから、返信しようがありません。

それに、顔なしのプロフィールでは、異性からのアプローチも受け取ることができないでしょう。そのため、異性を探したい人は、かならず顔写真は掲載することは大前提となります。

ペアーズのプロフィール写真が顔なしの人は、異性からのアプローチを受ける必要がない人、と判断することができます。

例えば、現在は彼氏や彼女がいて異性探しを行っているわけではないという人なら、それまでの顔写真を削除した状態で会員ステータスを維持することはありますし、顔なしで風景の写真とかペットの写真に変えている人もいます。

ペアーズでこうした写真の場合には、その人は異性探しをしているわけではないと考え、アプローチは控えたほうが良いかもしれませんね。

退会せずに顔なしの写真に置き換えて会員ステータスを維持している人は男性会員に多いのですが、こうすることによってそれまでの活動やアプローチに関するデータをそのままデータベースに保存できるからです。

ペアーズの写真リクエスト機能とは?

ペアーズの写真リクエスト機能

ペアーズには、写真リクエスト機能がついています。

プロフィールの顔写真が載っていない人に写真を載せてくれるようにリクエストするというわけではなく、プロフィール以外の写真を見せてください、というのが、この機能です。

例えば、あなたがペアーズを使っていて、気になる異性を見つけたとしましょう。

プロフィールには顔写真が載っていますが、人によっては写真写りが非現実的に良すぎるというケースがあるので、もっと自然な写真も見たいなと思うわけです。

そこで利用できるのが、ペアーズの写真リクエスト機能です。ボタン一つで写真をリクエストすることができ、リクエストすると相手から違う写真を送ってもらう事ができます。

写真リクエスト機能を使う際には、注意したい点があります。

それは、リクエストした相手に自分が誰か分かってしまうという点ですね。

だから、むやみやたらに写真をリクエストするのは控えたほうが良いかもしれません。

マッチングが成立して個人間でのやり取りをスタートさせた後に、写真リクエスト機能を使うことで、相手のより自然でステキな姿を見せてもらう事ができるというわけです。

リアルなデートをする前に、相手の別の部分を見ることができるので、会員からも大好評の機能です。

ペアーズでメッセージのやり取りをしているときに写真の公開を求められることも

ペアーズ 写真

ペアーズではプロフィールに写真を掲載できるようになっていますが、はっきりわかるような顔写真を掲載している人もいれば、少し顔がわからないように隠した感じにしている会員の方もいます。

ペアーズではマッチングができれば、その相手とメッセージのやり取りをする流れになります。後者のようなプロフィールでは顔写真のはっきりしない人でも、マッチングしてメッセージやり取りまで進めることも可能です。

しかし写真がはっきりしていないと、メッセージの中で「はっきりしたお顔を見てみたいので写真を公開してくれませんか?」と求められることもあります。

Facebookを使って、顔写真を公開し合って、メッセージのやり取りをさらに進めていきます。中には写真を公開したら、相手からのメッセージが来なくなることもあるかもしれません。

ただいずれにしても、メッセージのやり取りが進んで両者の距離が縮まってくれば、いずれはデートに誘うという流れになるでしょう。

そうなれば、実物を実際に見なければなりません。

その時に「思っていたのと違った」といわれないようにするためにも、ペアーズには顔写真を公開する、それが難しければ、メッセージのやり取りをした場合に早めに自分の写真を送るようにすることです。

半年で267名とマッチングしたペアーズの体験談はコチラから読めます

 

 

 

コメントは受け付けていません。